映画を安く見る裏ワザ!!映画料金1100円で鑑賞できる方法!

映画を安く見る裏ワザ!!映画料金1100円で鑑賞できる方法!

こんにちは。とらおです。

皆さんは束の間の休日、どのように過ごしますか。

スポーツをしたり釣りに行ったり、はたまた家でのんびり過ごしたり。

映画館に行くのも良いですよね

でも何と言っても映画料金高いっ!!

「もし面白くなかったらどうしよう。」「我慢してレンタルできるまで待とうかな」と考えてしまいますよね。

映画館で割引デーもありますが、行ける日に限って割引がない日。。なんてことよくありますよね。

しかしそんなあなたに朗報です。映画がいつでも1100円で見れる方法があります。

映画好きには夢のような裏ワザについて紹介しようと思います。

通常料金の場合、映画料金は1年間でいくらかかるのか?

一般的な映画の通常料金(TOHO CINEMASより)

一般 1800円
大学生 1500円
高校生 1000円
小・中学生 1000円
幼児(3歳~) 1000円

 

大人だと通常料金1800円。

仮にひと月に2回映画館に行くと仮定すると、

1カ月で1800円×2回=3600円

1年で3600円×12カ月=43,200円

すなわち、

通常料金の場合、1年間で24回映画を見ると43,200円かかる

 

とらお

これだけあれば旅行に行けるなー

 

裏ワザを紹介!!

それではどうすれば映画料金をいつでも1100円にできるのか紹介していきましょう。

 

日本映画テレビ技術協会の会員になるべし!

 

日本映画テレビ技術協会とは?

一般社団法人 日本映画テレビ技術協会は、1947年に日本映画技術協会として発足、1965年に日本映画テレビ技術協会と改称し、2018年は創立71周年を迎えます。 映画・テレビに関連する法人・団体と映画・テレビの技術に携わる方々で組織されている団体で、映像技術全般にわたって広い視野に立ったわが国唯一の法人団体です。(日本映画テレビ技術協会のHPより引用)

 

ここの会員になることで映画割引を受けることができます。

 

とらお

美味しい話には裏があるっていうけどデメリットはないの?

 

デメリットはないですが、実は注意事項がいくつかあります。

 

会員になるには会費がかかる

日本映画テレビ技術協会の会員は無料ではありません。会費がかかります。

 

とらお

やっぱお金かかるのかよ!騙された!

 

大丈夫!安心してください。ちゃんと元をとることができます。

 

日本映画テレビ技術協会の会費は次のようになっています。

入会金 年会費 会員証発行費
一般会員 5000円 15000円(前納) 1000円(一年間有効)
学生会員 1000円 5000円(前納) 1000円(一年間有効)

すなわち、会員になるには一般会員の場合、初年度は21,000円、二年目以降は16,000円かかります。

 

とらお

そんなに高いの?これじゃ安くなるどころか損じゃないか!!

 

それが大丈夫なんです。絶対に会員になった方がお得なんです。

なぜなら、年会費1年間無料!入会キャンペーン実施中だから。

2019年3月末までの申し込みで年会費及び会員証発行費が無料になります。

 

裏ワザを使った場合、1年間にいくらかかるのか計算します。(月2回映画を見ると仮定)

裏ワザを使うと一回あたり1100円。

1カ月で1100円×2回=2200円

1年間で2200円×12カ月=26,400円

2019年3月末までに入会すると、初年度5000円(入会金のみ)、2年目以降16,000円。

すなわち、

裏ワザ料金の場合、1年間で24回映画を見ると初年度は31,400円、2年目以降は42,400円かかる。

1年間の差額は

初年度 43,200円-31,400円=11,800円

2年目以降 43,200円-42,400円=800円

初年度の差額はなんと!!!11,800円

これだけお金が浮けば休日にいつもより豪華なディナーを楽しめますね。

2年目以降も映画を見ればみるほどお得度が上がっていきます。

これは映画好きにもってこいですね。

 

使える映画館が限られている

ここは大事なところですね。

現在加盟しているのは次の17都道府県です。

札幌市 宮城県 千葉県 埼玉県 東京都 神奈川県 愛知県 京都府 奈良県 大阪府 兵庫県   広島県 福岡市 愛媛県 香川県 高知県 徳島県

他の都道府県については現在対応していないようです。

残念ですが早く全国に普及してくれるのを待つしかないです。

 

ネット購入、特別上映(3D、IMAXなど)に未対応

割引を受けるためには対応する映画館で会員証を提示し、現金でチケットを購入する必要があります。

ネットでの購入には対応していないので注意してください。

また、3D、IMAXなどにも対応していないようです。

 

割引が使える条件が限定的ですが、ご自分の映画鑑賞スタイルに合わせて利用すればとてもお得なサービスだと思います。

映画カテゴリの最新記事