テニス史に刻まれた伝説の試合が映画化『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』8/31公開予定

テニス史に刻まれた伝説の試合が映画化『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』8/31公開予定

こんにちは。テニス好きなとらおです。

実は小学生の頃からテニスをしています。そんな私が絶対見たい映画を紹介します。

 

あらすじ&キャスト

 

1980年、テニス界で世界的な人気を誇ったビヨン・ボルグとジョン・マッケンローが繰り広げたウィンブルドン決勝戦での世紀の対決を、実話をもとに映画化。端正なマスクと、コート上での冷静沈着なプレイから「氷の男」と呼ばれたビヨン・ボルグは、20歳でウィンブルドン選手権で初優勝し、4連覇の偉業を成し遂げた。絶対王者として君臨するボルグの前に現れたのが、宿敵ジョン・マッケンローだった。天才的な才能を持ちながらも、不利な判定には怒りをあらわにして審判に猛烈に噛み付いていくマッケンローは「悪童」と揶揄された。80年ウィンブルドン選手権決勝戦のコートで、そんな真逆の個性を持つ2人の天才が対峙する。(映画.comより引用)

 

スベリル・グドナソン(ボルグ役)

 

シャイア・ラブーフ(マッケンロー役)

 

 

ボルグとマッケンローってだれ?

テニスしている人は一度は聞いたことがあるはずの二人。

テニスをしていない人にとっては「だれ???」ですよね。

この二人について紹介します。

氷の男 ビヨン・ボルグ

Björn Borg2.jpg4大大会優勝記録 11勝(全仏6回、全英5回)※歴代6位タイ テニスの大会の最高峰である4大大会。テニスをしていれば憧れるその舞台でこれだけの記録を打ち立てています。ウインブルドン全盛期時には、芝生コートで「41連勝」を記録しましたが、後に出てきた、生きる伝説ロジャーフェデラーによって抜かれてしまいました。しかし史上最高の呼び声高いフェデラーによって抜かれたということは、芝生においては史上2番目といっても過言ではないでしょう。

ボルグのプレースタイルはトップスピン(順回転)を得意とする先進的なものでした。トップスピンの効いたボールはライン際で軌道が落ちるので強く打ってもアウトになりにくいという特徴があります。現在のテニスにおいてトップスピンを使うのが当たり前になっています。ラケット自体もトップスピンがかかりやすいように作られています。しかし、当時のラケットは木製のウッドラケットで今のラケットとは性能が格段に低く、フラット(回転がかけないの)が主流でした。ボルグはウッドラケットでも回転がかけやすいようにストリングをぎりぎりまで硬く張っていました。

またボルグは常にコート上で冷静沈着でした。氷の男(アイスマン)というのはそのことから名付けられました。

 

炎の男 ジョン・マッケンロー

「ジョン・マッケンロー」の画像検索結果4大大会優勝記録 7勝(全英3回、全米4回) 4大大会の優勝数はボルグより少ないですが、数々の記録を作ってきたレジェンドです。ボルグと同じ時代を戦い黄金時代を創りました。マッケンローの記録の中でも特にすごいのは、シングルスとダブルスともに世界ランキング1位だったことです。普通プロテニスプレーヤーはどちらかを専門にして、上位で活用する選手はほぼ一つに絞ります。シングルス専門だったらシングルスのための練習をし、シングルスの試合しかません。ダブルス専門も同様です。同じテニスといえどシングルスとダブルスでは必要になるスキルが違ってくるからです。また体力的な部分も理由の一つでしょう。どちらもランキング首位をとったマッケンローの能力の高さがうかがえますね。

マッケンローはネットプレー主体のスタイルでした。ネットプレーとは、タイミングを計ってネット近くまで前に行きボレーやスマッシュでポイントを狙うスタイルです。現在ではネットプレーヤーはめっきり減りましたが、当時はネットプレーが流行りでした。ネットプレーが減った理由は、ストロークのレベルが上がってきたことです。先程書いたようにラケットの進化により、安易にネットに出てしまうとストロークで負けてしまうようになってしまったからですね。

マッケンローは試合中、審判にクレームをつけたり暴言を吐くことが頻繁にありました。そのうち世間に悪名をつけまれます。「悪童マッケンロー」。映画のタイトルでは、ボルグの「氷の男」と対照させて「炎の男」とついていますが、その意味は「悪童」と呼ばれるほど試合中に熱くなってしまうことが由来ですね。個人的にとてもいいネーミングだと思います。

 

これは映画の題材になった伝説の試合の実際の映像です。少し長いですが、これを一回見てから映画を見ると一段と面白くなるはずです。

 

とにかく対照的な二人。性格も。プレースタイルも。しかし同じ時代を生き黄金時代を創った二人。

当時の熱い感動がスクリーン上で蘇ります。

楽しみポイント

この映画を見るにあたって期待していること(チェックポイント)は3つあります。

これは実際に映画を見てから追記します。

リアルさを徹底しているか

漫画やアニメの実写化でも同じだと思いますが、まずは本物とどれくらい近いのかが気になりますよね。このギャップが大きいと見るに堪えない映画になってしまいます。

予告を見る限りではとても期待できるのではないでしょうか。よくテニスのドラマなどでありがちなのが打ち方がヘタクソです。テニスをしている人からすると違和感を感じることが多いですが、この予告では全く違和感を感じませんでした。

キャストの外見も本物ととても似ていますよね。

本編ではどのように試合を描いてくれているかとても楽しみです。

 

舞台裏をどう描いているのか

やはり一番気になるところは、試合の舞台裏がどういう状況だったのかということです。

この伝説になる試合までに二人の中にどんな葛藤や悩み、不安があったのか?

また試合後の二人の心境はどうだったのか?

試合を見てるだけでは分からない二人の心内を描くためにどう演出してくれているのかとても気になるところです。

 

テニスを知らない人でも楽しめるか

これは個人的に願っていることです。テニス史において語り継がれる試合を題材にするんだから是非多くの人に楽しんでもらい、感動してもらい、テニスを知ってもらいたいです。

テニス愛好家だけが楽しめる独りよがりな内容になっていないことを期待しています。

 

映画館情報

北海道

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
北海道 札幌シネマフロンティア 8月31日

東北

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
青森 フォーラム八戸 10月12日
岩手 フォーラム盛岡 11月23日
宮城 チネ・ラヴィータ 10月12日
山形 フォーラム山形 11月2日
福島 フォーラム福島 11月9日
まちポレいわき 10月19日

関東

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
東京 TOHOシネマズ日比谷 8月31日
TOHOシネマズ新宿 8月31日
シネクイント 8月31日
イオンシネマ板橋 8月31日
TOHOシネマズ南大沢 8月31日
神奈川 TOHOシネマズららぽーと横浜 8月31日
TOHOシネマズ上大岡 8月31日
TOHOシネマズ川崎 8月31日
イオンシネマ新百合ヶ丘 8月31日
千葉 TOHOシネマズ流山おおたかの森 8月31日
埼玉 ユナイテッド・シネマ浦和 8月31日
茨城 TOHOシネマズひたちなか 8月31日
栃木 TOHOシネマズ宇都宮 8月31日
群馬 イオンシネマ高崎 8月31日

甲信越

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
新潟 ユナイテッド・シネマ新潟 8月31日
長野 長野千石劇場 10月27日
松本シネマライツ 10月19日

東海

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
静岡 シネシティザート 10月19日
シネプラザサントムーン 11月10日
愛知 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ 8月31日
ミッドランド スクエア シネマ 8月31日
MOVIX三好 8月31日
安城コロナシネマワールド 8月31日
イオンシネマ長久手 8月31日
ユナイテッド・シネマ豊橋18 8月31日
三重 進富座 11月10日

近畿

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
大阪 大阪ステーションシティシネマ 8月31日
TOHOシネマズなんば 8月31日
イオンシネマ茨木 8月31日
MOVIX八尾 8月31日
京都 TOHOシネマズ二条 8月31日
兵庫 神戸国際松竹 8月31日
TOHOシネマズ西宮OS 8月31日
奈良 ユナイテッド・シネマ橿原 10月19日

中国

劇場名 上映日付 ムビチケ
岡山 シネマ・クレール 10月13日

四国

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
愛媛 シネマサンシャイン大街道 10月20日

九州

劇場名 上映日付 ムビチケ
福岡 T・ジョイ博多 8月31日
TOHOシネマズ福津 8月31日
宮崎 セントラルシネマ宮崎 10月19日
鹿児島 天文館シネマパラダイス 10月12日

沖縄

地域 劇場名 上映日付 ムビチケ
沖縄 シネマパレット 10月5日

映画カテゴリの最新記事