【歌詞解説】Official髭男dism『Pretender』恋人ごっこはもうやめよう。付き合った先の苦しい恋の歌

【歌詞解説】Official髭男dism『Pretender』恋人ごっこはもうやめよう。付き合った先の苦しい恋の歌

『Pretender』の歌詞

君とのラブストーリー

それは予想通り

いざ始まれればひとり芝居だ

ずっとそばにいたって

結局ただの観客だ

 

感情のないアイムソーリー

それはいつも通り

慣れてしまえば悪くはないけど

君とのロマンスは人生柄

続きはしないことを知った

 

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

もっと違う性格で もっと違う価値観で

愛を伝えられたらいいな

そう願っても無駄だから

 

グッバイ

君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れ難いのさ

その髪に触れただけで 痛いや いやでも

甘いな いやいや

グッバイ

それじゃ僕にとって君は何?

答えはわからない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば

「君は綺麗だ」

 

誰かが偉そうに

語る恋愛の論理

何ひとつとしてピンとこなくて

飛行機の窓から見下ろした

知らない街の夜景みたいだ

 

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて

「好きだ」とか無責任に言えたらいいな

そう願っても虚しいのさ

 

グッバイ

繋いだ手の向こうにエンドライン

引き伸ばすたびに 疼きだす未来には

君はいない その事実にCry…

そりゃ苦しいよな

 

グッバイ

君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れ難いのさ

その髪に触れただけで 痛いや いやでも

甘いな いやいや

グッバイ それじゃ僕にとって君は何?

答えは分からない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば

「君は綺麗だ」

 

それもこれもロマンスの定めなら悪くないよな

永遠も約束もないけれど

「とても綺麗だ」

 

『Pretender』歌詞解説

「両思い」

これってとても素晴らしいことで、けっして当たり前のことではないですよね。

この広い世界中にたくさん人がいる中で出会ってお互いに思いを寄せ合うなんですごい奇跡です。

人気上昇中のOfficial髭男dismの人気曲『Pretender』は、「両思い」ではなく「片思い」の苦しさを歌った曲です。

しかもただの「片思い」ではありません。

カップルの片思い曲です。相手の心が離れてしまっているけど、別れる決心がつかない男の物語です。

それではじっくりと歌詞を見ていましょう。

君とのラブストーリー

それは予想通り

いざ始まれればひとり芝居だ

ずっとそばにいたって

結局ただの観客だ

必死に思いを伝えやっと君と付き合えることができ嬉しい主人公の男。

しかし、心の中では上手くいくだろうかという不安があったのでしょう。

その不安は的中してしまいます。

男は彼女はとても好きですが、彼女から自分への熱量の差に傷つく日々を過ごします。

ずっとそばにいるはずなのに、まるで観客のようにとても遠い距離にいるようです。

 

感情のないアイムソーリー

それはいつも通り

慣れてしまえば悪くはないけど

君とのロマンスは人生柄

続きはしないことを知った

彼女の「ごめんなさい」という言葉。

感情がなく上の空です。最初はショックを受けますが、次第に慣れてきてしまう男。

でもこれは上手くいかないことをわかっています。

惰性で付き合っていてもそれは時間の無駄ですよね。

 

もっと違う設定で もっと違う関係で

出会える世界線 選べたらよかった

もっと違う性格で もっと違う価値観で

愛を伝えられたらいいな

そう願っても無駄だから

なにが悪くてこうなってしまったんだろうと悩む男。

喧嘩したわけでもありません。

人生にタラレバはありませんが、無意識に考えてしまいますよね。

もし違う出会い方をしていたら。もし違う性格だったら。 etc…

と考えてしまう気持ちとても分かりますよね。

 

グッバイ

君の運命のヒトは僕じゃない

辛いけど否めない でも離れ難いのさ

その髪に触れただけで 痛いや いやでも

甘いな いやいや

グッバイ

それじゃ僕にとって君は何?

答えはわからない 分かりたくもないのさ

たったひとつ確かなことがあるとするのならば

「君は綺麗だ」

さてここからサビに入ります。

相手に気持ちがないのは分かっているし、長続きしないことは分かってる。

だけど簡単に別れを決意できない主人公の男の葛藤を描いています。

 

「せっかく出会えたのに。せっかく付き合えたのに。

僕はこんなに好きなのに。

僕と君は運命の二人ではないみたいだね。

だけど簡単に別れるのは本当に辛いよ。

君の髪に触れるだけで苦しい。

でも幸せな気持ちにもなる。あーー。だめだよ。別れなきゃ。

僕にとって君は何だろう。何のために付き合ったのだろう。

でもそんなの知りたくないや。

出会った意味なんか分からないけど、ひとつだけ確かなこと、偽りじゃないことは、

君は綺麗だということだ。」

 

とても切なく虚しい主人公の心情が伝わる曲ですね。

 

 

音楽カテゴリの最新記事